サッカー連盟事業報告

取手市スポーツ少年団 少年少女サッカー連盟 7月役員会議議事録

日時:平成21年7月12日(日)17:00〜18:00
場所:井野公民館
出席:11名

会長
杉浦(戸頭)
副会長
山本(とりで)、間中(白山)
委員
太田(戸頭)、山形(ゼンニチ)、上園(FUN)、佐々木(ゼンニチ)
事務局
樽本(とりで)
会計
加藤(とりで)、森(とりで」
顧問
菅原

1.会長から

⇒今年度も始まり、サッカーフェスティバル、T1リーグ戦前期が無事終了。
引き続きトラブル起きないように

2.取手サッカーフェスティバルおよびT1リーグ戦前期について

⇒結果については誤記なし。
低学年のファールスローのやり直しの件は、ジュニア(1〜2年生)はやり直し、低学年以上(3〜6年生)はファールをとる方向で今後、要綱に加えることを検討する。
給水時間の際、審判が時計を止めるか流すか不徹底だった。時計を止めるか流すかルールや事例等調査の上決定する。
来年度から低学年もリーグ制にしては?という意見があった。2チームエントリーした場合、途中で子供がサッカーを辞めて、メンバーのバランスが悪くなり入れ替わりが発生する可能性がある。
リーグではなく、2日間で実施するのはどうか?例えば、2週間の大会期間を設け、うち土曜日が3,4年、日曜日が5,6年にして実施するのもよい。
審判の数の件。反省点として2チームエントリしたチームは審判の確保が難しい。8人制(審判1名)にしてはどうか。次回役員会において、今回欠席された役員の意見もふまえて検討する。
保護者の観戦の件。審判のジャッジに対してクレームが出ていた。連盟から大会前にマナーについて文書を各チームに配布し、各チームの子供たちに配布する。とりで倶楽部山本さんが叩き台を作成する。

3.トレセン事業について

チーム  戸頭 宮和田 光風台 白山 FUN とりで 双葉 ゼンニチ  計
U12                 0                    3         5          2         0          0            13
U11                     0                    3         5    2         0          0            13

⇒とりでトレセンの人数。戸頭FCは現在選考中のため来週までに学年別人数を提示。(事務局:樽本へ送付)

4.ホームページについて

チーム  戸頭 宮和田 光風台 白山 FUN とりで 双葉 ゼンニチ
原稿              済                                   済       済
写真                  済                                         済   済

⇒戸頭FCは送付済だが再度送付していただく。(事務局:樽本へ送付)
8月1日にホームページをアップロードする予定。それまでに未提出チームは、原稿と写真を送付いただく。
会長の挨拶については、杉浦会長よりFAX等で挨拶文いただく。

5.スポーツ少年団について

⇒10月のドッジボール大会(体育の日)の審判を3名、連盟から出していただきたい。持ち回り制。9月の役員会において、選出。競技をサッカーにできないのは、先生方がドッジボールを推奨しているため。体育指導員に依頼するのはどうか?(2月のドッジボール大会は体育指導員)
選出等について間中さんが引き続き検討する。

6.その他

連盟の予算の件。年間6万5千円ほど、市の連盟費が収入として入るため、収支が現時点で21万5千円プラス。随時、備品購入やイベント開催等による使途を募集。
レイソルスクールの件。(上述の連盟予算に余裕があるため)今年は参加費無料にする。コーチの人数レイソルスクールの参加対象を、原則高学年に限定してはどうか。(指導の負担を軽減し、質を高めるため)次回役員会において、各チームの人数を確認する。

次回役員会、9月6日(日)17時〜。
次回の議題に上記の未決定事項を引き続き協議する。



以上