サッカー連盟事業報告

取手市スポーツ少年団 少年少女サッカー連盟 2月役員会議議事録

日時:平成21年2月7日(日)17:00〜18:00
場所:井野公民館
出席:11名

会長
杉浦(戸頭)
副会長
山本(とりで)、間中(白山)
委員
田村(双葉)、田辺(光風台)、太田(戸頭)、滝沢(宮和田)、安達(宮和田)、
山形(ゼンニチ)、佐々木(ゼンニチ)
事務局
樽本(とりで)
会計
加藤(とりで)、森(とりで」
顧問

1.会長から

インフルエンザがはやっているようなので、引き続き注意をしていただきたい。

2.取手市サッカー選手権大会について

・場所

北浦川緑地公園
減免申請により使用料はゼロ


・今年度の日程

低学年(3・4年)
2月27日(土)、2月28日(日) 幹事チーム 双葉FC
高学年(5・6年)
3月6日(土)、3月7日(日) 幹事チーム 戸頭FC
ジュニア(1・2年)
3月14日(日)予備日3月13日(土)幹事チーム FUN


・参加チーム数

チーム  戸頭 宮和田 双葉 光風台 白山 FUN とりで ゼンニチ アイデンティ  計
高学年   1   1    1    1   1   2    2     0     0      9
低学年   1   1    1    1   2   2    2     0     0     10
ジュニア  2   3    0    1   1   2    3     0     0     12

ジュニアについては、6人制7分ハーフ(7-3-7)。4ブロック。宮和田から借りているキッズ用ゴールは、13日に他のサッカーイベントに使用。
他のイベントに参加するのは、宮和田、光風台。ジュニアの開催を14日に、予備日を13日に変更する。
13日が雨天により他イベントが延期の場合、宮和田、光風台は14日不参加となる。

低学年については、11人制15分ハーフ(15-5-15)。3ブロック。2日目について、決勝、フレンドリーを実施し、各チーム2試合確保する。
抽選結果については別紙組み合わせ表。スケジュールについては後日、幹事チームよりメール送付。

高学年については、11人制20分ハーフ(20-5-20)。3ブロック。抽選結果については別紙組み合わせ表。
スケジュールについては後日、幹事チームよりメール送付。3月6日に写真撮影。

選手権の大会要綱:各幹事チームにて作成。決勝については、同点の場合、延長戦(5分ハーフ)。3位決定戦は延長戦なしPK戦。
エントリー料は、1チームあたりジュニアが1000円、高学年、低学年は2000円。参加費は27日の低学年開催日初日に、高学年、
ジュニア分もまとめて持参する。原則スパイク禁止。トレーニング用シューズ使用。審判は1チーム2名帯同で、審判服を着用とする。
北浦は準備道具が必要なため、各チームで分担。
(スポーツ石灰8袋:双葉、ラインカーとメジャー:各チーム持ち寄り、ゴール:宮和田、とりで)

(田村氏)幹事チームになった場合、収支状況がわかった方が企画しやすいため、各大会の収支報告書を作成し、各チームに報告してほしい。

賞品(前回はメダル)については、賞状:太田さん(3位まで、計9枚)、賞品:とりで(3位まで。ジュニアは4位までとするか幹事チームに委ねる。)

3.トレセン事業について

(山本氏)6年生15名、5年17名でスタート。今年度は6回活動。2月の最終活動が終わったところで収支報告をする予定。
来年度からアイデンディとリベルタが参加を希望。

(田村氏)アイデンティを準加盟としてスポ少非加盟チームに大会費用を出すだけで参加させてよいのか。また、戸頭など県登録していないチームのトレセン活動への参加。スポ少の連盟規約に文書を追加してはどうか。

(樽本氏)今後、事務局において規約改定案を作成し、役員会に提示する。

4.ホームページについて

(山本氏)前回は知り合いのプロに撮影を依頼したが、次回選手権大会では、身近な父兄で写真愛好家の方に撮影をお願いしたい。

(滝沢氏)宮和田FCのコーチに写真愛好家がいるため、撮影を打診してみる。撮影用のデジカメについては幹事チーム
(高学年:戸頭、低学年:双葉、ジュニア:FUN)にご用意いただく。

5.スポーツ少年団について

(間中氏)マラソン大会を無事終えた。表彰者に田村氏。間中氏も表彰を受けた。

サッカー指導者講習費の交通費を請求できる。広報の原稿の期限については後日連絡する。2月14日午前中に講習あり。

6.その他

(田村氏)県女子より、6年生レディースの人数を把握したい。連盟にはFUNの1名のみ。

(安達氏)取手トレセンについて、連盟と取手トレセンの関係を明確にしてほしい。

(山本氏)目的はチームの枠を超えて、個々のレベルアップ。トレセン対象選手は連盟加盟者としており、連盟チームの中からコーチも
派遣している(U-12:山本氏、U-11:上園氏)ため、トレセンは連盟の下部組織のような位置づけである。
活動は月に1回。県4種のHPにトレセンスケジュールが掲載されている。1日3,4試合の活動を行っている。

(安達氏)県南トレセンと取手トレセンの位置づけを教えてほしい。

(山本氏)関連はない。県南トレセンは県協会の技術部が行っており、取手トレセンは任意団体で、県登録していない少年少女も参加できる。

(田村氏)県のピラミッド構造の方向性が、今年見えてくる可能性が高いため、トレセン事業の方向性が明らかになった後、取手トレセンの位置づけを協議したらよいのではないか。

(樽本氏)次回役員会は、3月14日(日)17時〜。
以上