指導者・保護者の方へのお願い20091001

藤代スポーツセンター使用上の注意

藤代スポーツセンター使用上の注意

2010年11月

リーグ戦で使用している藤代スポーツセンターの利用する際、
次の点に注意しご利用いただくようお願いいたします。

ゴミはお持ち帰りください。

持参したゴミについては必ず持ち帰るようにしてください。
ペットボトルなど、施設のゴミ箱に放置しないようお願いします。
また、キャンディ等の個別の小さな袋が、グランドに散乱して
いる場合があるので、そちらもご注意ください。


フェンスは乗り越えないでください。

大会中に、ボールがグランドの外に出た時や、隣接している
ポニー牧場にいくために、フェンスを乗り越えている親子がいる
と、施設に苦情がありました。
フェンスは乗り越えないようにしてください。
また、ポニーは、たくさんの子供達が見に行くと興奮してしまいます。
サッカー大会の際は、見学をご遠慮ください。

よろしくお願いします。

指導者・保護者の方へのお願い

2009年10月1日

いつも、取手市少年少女サッカー連盟主催の大会に、たくさんの応援と運営協力をいただき有難うございます。

当連盟では、定期的に市内大会を実施していますが、最近の指導方や応援マナーについて、苦情がでました。

役員会議で提案し、皆さんにお願いをすることにいたしました。


前回のサッカーフェスティバルで、「一部」の指導者や保護者の方が、エキサイトし、次のようなことがありました。


・指導者が子供に対して「ばかやろう!」と大声で怒鳴りつける。

・応援の方が、審判の判定に対して「へたくそ!」と罵声をあびせる。


子供達は、まだまだ発展途上です。失敗を重ねながら、成長していくものです。自分の子だから…という方もいますが、

周囲が萎縮するほどの大きな声をだすことで、他の小さい(低学年)子供達は怖くなってしまい、

「サッカーは怒られる」という情報がインプットされ、サッカーの普及の妨げになっては困ります。

また、審判を含め、全てボランティアで運営しています。他に仕事をしながら、忙しい合間をぬってお手伝いをしていただいています。

是非、敬意をはらっていただきたいと思います。大会の主役はあくまでも「子供達」です。

私達はサポートをする役目。大人が目立ってはいけません。指導者も保護者の皆さんも、

良いプレーは褒めてあげ、選手を見守っていただくようお願いいたします。


「大事なことは、今日の試合の結果より、子供達が明日どんなプレーをするか楽しみにすることである」 

イビチャ・オシム(元日本代表監督)

今後とも、より一層あたたかい応援をしていただくよう、お願いいたします。

取手市少年少女サッカー連盟 会長 杉 浦 清